型紙もミシンもいらない!簡単スタイの作り方

赤ちゃんが首に巻いているスタイ(よだれかけ)は、よだれや食べこぼしなどの汚れから服を守ってくれる必需品!

ニトリや赤ちゃんグッズの売っている店舗ならどこでも見かけますが、スタイは何枚あっても困りません。


せっかくなら妊娠中・子育て中に、我が子のために愛情込めてスタイをハンドメイドをしてみませんか?

ベビーグッズはサイズが小さく、手縫いでもささっと作れるものが多いので、ミシンを持っていない方もハンドメイド初心者でもチャレンジしやすいのが嬉しいポイント!

それでは、早速手作りスタイにチャレンジしてみましょう!

 

用意するもの

・生地2枚(表生地と裏生地になります)
・A4コピー用紙(型紙用)
・糸と針
・裁ちバサミ
・まち針
・ホックボタン(100均で購入)

ホックボタンは、100均に売っている
「手で付けられるホックボタン」がお勧めです!

特別な工具がいらないので、簡単に取り付けることができますよ!

スタイの作り方

型紙の作成


①まずはA4のコピー用紙を用意します。
 その上に、型を取りたいスタイを置きます。


②スタイの周りをなぞって型を取ります。
 (今回、首回りは別のスタイを使いました)

A4サイズぎりぎりでした。笑


③なぞり書きをした型をハサミで切ったら型紙の完成です!

スタイ作り開始!

①先ほど作った型紙を生地の裏面に置き、チャコペンでなぞり書きします。


②表生地と裏生地を、柄面(表に出る面)が向かい合うように重ねて、まち針で固定します。


③返し口を5cmくらい開けておきたいので、目印を付けておきましょう。


④チャコペンで引いた線に沿ってなみ縫いします。(返し口は縫わないでください。)


⑤なみ縫いした線(水色)の外側1cm(オレンジ色)を裁ちバサミで切ります。

後で裏返すので、ざっくりとした切り方で大丈夫です!


⑥先ほど開けておいた返し口から生地をひっくり返します。


※首回り部分が細くて難しい場合は、割り箸などを使うと綺麗にひっくり返すことができます。

慎重に丁寧にひっくり返してね〜


⑦生地をひっくり返したら、折り返し口を入れ込み、まち針で固定してすくい縫いで閉じます。

ひっくり返して縫い終えると表面が現れました!


⑧首部分にホックボタンを取り付けたら完成!
(特別な工具は不要なので、商品の説明書を参考に取り付けましょう)

リバーシブルにしてみました!

スタイ作りのポイント

●手縫いでも簡単にできるスタイですが、できるだけ細かくなみ縫いすると綺麗に出来上がるので、丁寧に縫っていきましょう。

特に、カーブ部分は細かく縫ったほうが綺麗に仕上がります!
 
●今回のように、もくもくした形の「花びらスタイ」は、綺麗な形にするのが難しい・・・!
 
型紙作成のときに、もっとカーブをキツくしたほうがより「花びら感」が出るので、参考にしてみてください。
最新情報をチェックしよう!

未分類の最新記事8件