職場の上司にマタハラされたらどうしたらいいの?

こんにちは!

現在妊娠7ヶ月目の赤ずきん(@akazukinail)です。

ちょっとヘビーなお話になりますが、これは全て私の体験談になります。

妊婦さんには優しくするのが当たり前でしょ?今どきマタハラする人なんているの?
 

と思っていた過去の私よ、その考えは甘いぞ!

マタハラに悩んでいる妊婦さん

職場に妊婦さんがいる人

この記事を読んで少しでも環境を変えてほしいです!

上司からのマタハラ

1.先輩に仕事を手伝ってもらって激怒される

妊娠初期~中期のつわりで仕事中もトイレに駆け込んでいたり、元々貧血・低血圧だった私は

立ち仕事や長時間の会議にとても耐えられる状況ではなく

ちょうど手が空いてるから仕事変わろうか?と声をかけてくれた先輩がいたので仕事を代わってもらいました。

勝手に仕事を頼むわけにいかないので、上司にその旨を伝えると

上司
自分の仕事を勝手に人に頼むな!病気じゃないんだし、そのくらい妊婦でもできるだろ。
 

と別室に呼び出されて説教をされました・・・

2.つわりでトイレに行くと嫌な顔をされる

職場に休憩室などがないので、つわり・お腹の張りが治まるまでトイレに避難することが度々あったのですが

席に戻る度に上司に苦笑いされたり、聞こえるようにため息をつかれたり、嫌味を言われながら毎日過ごしていました。

3.本来しなくていい仕事を無理やりやらされる

私が産休に入った後に発生する仕事があったので、上司に確認をとった上で後任に引き継ぎをしたのですが

上司
やっぱり、この仕事は君が休む前までに君が終わらせるって上に説明しといたから。今から始めて休む前までに終わらせておいてね!
 

と、私が体調不良で休んだ日に勝手に上に通されて、身動きがとれないようにされていました。

なお、この仕事は時期がこないと出来ない仕事だから今からやるのは無理だと説明したところ、

そういうのは先に言って!と何故か逆ギレされました。

4.産休を短縮しろと言われる

職場の制度上、産休は予定日8週前からで

有給が残ってればその前からお休みすることを伝えていたのですが

上司
産まれる1週間前までは体動くでしょ?もちろん働けるよね?

と、散々圧をかけられていました。

マタハラを受け続けた結果

職場で日常的に精神的な負荷がかかり、身も心も不安定になった私は

仕事から帰ると旦那さんの顔を見るなり号泣し始めたり

朝になるとつわり以上にストレスで気持ち悪くなり、職場に行けなくなりました。

ここでやっと、会社を休むという選択肢が浮かびます

ストレスが妊婦さんに与える影響

妊婦さんにとってストレスは1番の敵です!

ストレスは血管を収縮させる作用があるので、早産や低体重発育の確率が高くなります。

また、初期の流産は胎児側の問題が大きいとされていますが、母体のストレスが原因での後期流産のリスクが上がります。

妊婦さんにはストレスをかけずに、無理せずリラックスして過ごしてもらうことが、母子ともに健康な出産を迎えるためには必要なことなのです。

会社の休暇制度を確認しよう

産休を取る権利は、労働基準法において全ての労働者に認められています。

⬇︎産休・育休について(厚生労働省より)

https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/dl/31.pdf

もし会社の就業規則などに記載されていなくても、正社員・派遣・パート・アルバイトなど、雇用形態に関わらず申請をすることで産休を取得できます。

しかし、国で定められた産休は出産予定日の6週間前(双子以上の 場合は14週間前)からが対象となります。

そこで、会社の就業規則などに特別休暇があったらチャンスです!

身内が亡くなった時や、病気などで医師から診断書が出た時に対象となることが多い休暇制度で、内容は様々でも取り入れてる会社は多いです。

私はこの医師からの診断書を使って、産休前からお休みをもらえることとなりました。

検診の時に医師に相談してみよう

毎月の検診で医師から「体調面や何か困ってることはない?」と聞かれたら

まずはそこで職場での待遇や精神面の不安をぶつけてみましょう。

誰かに話して楽になる場合もあるし

医師によってはその場で

女医さん
診断書を出すからお休みしたほうがいい!

と言ってくれることもあります。

(女医さんが女神様に見える瞬間・・・!)

もう絶対に職場復帰は無理だと思ったら、自分から診断書を出してほしいと言うのも手です。

お休みをためらってる人へ

私もそうでしたが、自分が休むことで周りに迷惑をかけてしまう…と休むことを最初はためらうと思いますが、

その人たちは赤ちゃんやお母さんに何かあった時に、責任をとってくれますか?

あなたの代わりに無事に赤ちゃんを産んでくれますか?

どんな仕事でも、組織に属してる限り、代わりに働いてくれる人はいくらでもいます。

でも授かった命をお腹の中で守れるのはお母さんだけです。

どうか自分の体と赤ちゃんを大事にしてあげてください。

こんなことで休んでいいんだろうか?周りは頑張っているのに。

そんな風に考えず、辛い時には一人で抱え込まないで周りを頼りましょう。

最新情報をチェックしよう!

妊娠の最新記事8件